汗汗……


 先日のFMV修復に関して

 KNOPPIX(CDブートのLinux)で起動後、本体の内蔵HDDが認識できないと書いたが、これは当然で、NTFS(XPや2000)のファイルシステムは、パスワード保護されているため、マウントできないのが当然(汗)。マウントできたらセキュリティ上大問題だもんね。
 FAT形式ならOKということだった。

 ということで前回の作業でとった2000の割り込みインストールというのは正解かも? 緊急起動用FDDというのは、大体の場合役に立たないし。リスク的には一番小さい方法だったのでは?
 次にリスク的に低いのが、上記のKNOPPIXを本体HDDにインストールすること、リスク的に大きいと考えられるのが(作業者のスキルにもよるが)、PC分解後HDDを取り出し、別PCでのデータ抜き出しであろうか?

 まあとにかく、今回の患者がデスクトップマシンなら、迷わずに分解してましたね(笑)

 まあ何はともあれ、本当に無事に作業完了できて良かったです(#^.^#)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑