『かもめ食堂』

2006/日本


kamome
監督:荻上直子
出演:小林聡美
   片桐はいり
   もたいまさこ

 ↑キャストすごすぎ(笑)

 基本的にTVはあまり観ない方なのですが

 たまたま実家でのんびりしておりまして、うちの母が超TVっこなため実家は大体TVつけっぱなし。そこにたまたま流れてきたのがこの作品。

 普段ならスルーしてしまうのですが、オープニングの出演女優3人のショットを見たら釘付けに(笑)

 フィンランドはヘルシンキで、一人の日本人女性(小林聡美)が食堂を開いた。「かもめ食堂」

 この映画は「かもめ食堂」を舞台に、三人の日本人女性と、ヘルシンキの人々との交流を描いた、ヒューマン・ドラマ。

 とはいっても、この日本でも指折りの個性派女優3人のキャスティング、超ほのぼのコメディに仕上がってます(^ ^)

 特にこれといって事件も起きず、淡々と進んでいくだけの作品なのに、何故か”おかしい”展開。特にもたいまさこ一人だけのシーンのオフビート感は最高!

 荻上監督の作品は初めてでしたが、なんだか私の大好きなフランス人監督、ジャック・タチを思い出しました。

 荻上監督の新作は『めがね』とのこと、自他共に認める”めがね”好きの私にとっては、とても気になる作品。この新作でも、主演は小林聡美。

 ラスト・シーン、主人公・小林聡美ふんするサチエの最後の一言がとても印象的で、さわやかな余韻を残し、さらにエンディング・テーマが井上陽水!

 とても暖かくて優しい映画。

 Nozomiの評価は★★★★☆(四つ星!)超・超オススメです(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑