今更ながら……(汗)

何か届きましたよ

まあ、中古品なんですが、それもこれも最近ハマっているものがありまして。YouTube なんですが、ゲームの実況動画です。

見始めたきっかけは NieR:Automata というゲームでした。普段ゲームなどほとんどプレイしないのですが、たまたま YouTube で見かけた NieR:Automata の動画……、その荒廃した世界観と主人公たちのゴシック調のファッションなど、ビジュアルに衝撃を受けたことがきっかけです。

NieR:Automata は PS4 版と Steam 版(PC 版のみで Mac 版は無し)が販売されており、Mac 環境しかない希にはプレイできないのですが……、てかその前にアクションゲーム自体もう無理ムリ(汗)

んで初めてゲーム実況動画を観ることに。

希のゲーム遍歴は数えるほどで、今までゲーム機を所有したことはない。借りた MSX で Ys(イース)やハイドライド3、Mac では インフォトロン(Supaplex)と Myst 1 〜 3、DS で姪っ子たちや娘ちゃんが遊んでいたレイトン教授シリーズ 1 〜 4 ( 最近 iOS 版を2作目まで買った)、The ROOM 全4作、Monument Valey 1 & 2、あと脱出ゲームを少々、アクション要素があるのはインフォトロン(Supaplex)くらい、どちらかというと頭を使って考えるものばかり。NieR:Automata のようなバトルアクションなんか、カケラも出来る気がしない(笑)

というわけで実況動画な訳である。

NieR:Automata 等超ボリュームの作品はかなり長期間の配信になるので、全編観るのもなかなか骨が折れるが、まるでアニメシリーズや映画を見ているような感覚で感動もひとしおである。

それ以降、前作の NieR RepliCant や友人に勧められた Detroit Become Human 等、自分自身では絶対にプレイしない(というか出来ない)作品を見ていく。その後“よゐこ”の影響で iOS 版の Minecraft Pocket Edition と Gorogoa は購入して遊んだ。Mincraft はいまだにお気に入りの配信者さんの動画を毎日見続けている。

そんな中、特別にドハマりしたのが、ゼルダの伝説 Breath of the Wild なのである。

2017年3月3日に Nintendo Switch のローンチソフトとして同時発売され、同年の GAME of The Year に選出された作品。

あまりにハマり過ぎて、複数の実況者さんの動画を2周3周と巡回する始末。そして何度も何度も泣く(笑) 延々と疑似的(間接的?)にハイラル(ゼルダの伝説の舞台)を旅し、細かな登場人物にも愛着を抱いて、ゼルダの実況配信から離れられなくなったのです。

そして久しぶりにお会いした知人が、同作をプレイし(追加コンテンツも含め)全てクリアしたとのこと、もうハイラルのことで話がはずむはずむ(笑)

それが最後の一押しだったのかな? ついに自分でもプレイしようと決めた。

さて、では Nintendo Switch を買うのかと言えば、ハード本体とソフト合わせて、4万円近い金額になる……(汗) そもそも特にゲーム好きではないし、ゼルダ以外にプレイする(したい)ゲームは全くない(と思う)し、これからも無さそう、そこへ 4万円つぎ込むかといえば、これはさすがに二の足を踏まざるを得ない。Switch は発売後に異常なプレミアがつき転売が多発、値段が極端につり上がったのは周知の事実、超が付くほど大人気ヒット商品である、中古でも値段は安価くない、というか 2019年に入っても、オークションなどでは定価以上の値がつくのが相場。泣く泣く諦めるか……等と思うはずもなく、最初からもう一つのハードでプレイするつもりだったのですが(笑)

とある実況者さんがおっしゃっていたのですが、Switch は発売日に買えなくても問題なく待てるが、ゼルダの伝説シリーズだけは一時も待てない! と Switch のひとつ前のハード Wii U で実況されていたのです。

そうこのゼルダの伝説 Breath of the Wild は、Wii U 最後の Nintendo ソフトであり、Switch 最初の Nintendo ソフトなのでした。

Switch が大人気の今、型落ちの Wii U はそこまで高価くないはずと、ヤフオクで探すと、結構いろいろありました。本体のみのジャンク品が多いですが、これはコントローラー壊したんだろうな〜とか想像しながら、8GB モデルなら 8千円位で買えそうです。ただ色々と調査してみると、システムが 約2GB 使用し、ゼルダ初回起動時にネットからダウンロードされる追加データが約 3GB 程、後々買う予定の追加コンテンツがさらに 約3GB と、8GB 版の Wii U では USB ハードディスクを接続しないと全部遊べないようで……、ここは素直に 32GB 版 Wii U を買うのが金銭的にも、デスク周りの配線的にも正解でしょう。

32GB モデルは ヤフオクで 1万円ほど、ゲームもダウンロード版なら定価ですが、中古を探せば 5千円位ですみます(Nintendo に一銭も入らない買い方です、スタッフの皆さんごめんなさい、追加コンテンツ必ず買います!) 本当は白い Wii U が欲しかったのですが、商品の状態や値段で絞ると黒モデルになりました。多分発売初期の Premium Set だと思います。「本体と Pad コントローラーに多少の傷があります」との事でしたが、全く気になりません、むしろ外観上の状態はあまり期待してなかったのですが、中古品としてはびっくりするほどキレイです。オークションでは電源コードの被膜破れジャンク品が目立っていたのですが、こちらは AC アダプタは新品かと勘違いするレベルでした(I v I)

そして肝心のゼルダの伝説ですが……、もう何度も実況を見て、ストーリーも落ちも謎も小ネタも、ほぼ把握しているのに、面白くて楽しくてワクワクして感動してと大忙しです(笑)

初見じゃないと意味がないゲームと言われているようですが、希は初見では興味自体持たなかったと思います。こんな素晴らしいゲームを創ってくださったスタッフの皆さんと、このゲームの楽しさを教えてくださった実況者さんたちに、感謝感謝です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑