Telecaster を Esquire に改造


長年愛用の ESP Craft House の Telecastar を
憧れだった Esquire に改造しました!

ついに積年の夢を叶えました〜ヽ(´ー`)ノ

完成写真をご覧ください

 esquire_1
(クリックで拡大)

ふ…、ふつくしい…♥


ウォールナットのボディとメイプルネック
エボニー指板にゴールドパーツという
芸術的コントラストが
独特のルックスとサウンドを形成していた
ハンドクラフトの逸品 Telecaster

最初はビンテージタイプの3コマブリッジに
ブラック3Pピックガードだったのですが
ルックスが重すぎる気がしてピックガードを外し
ブリッジを ESP 製の 6コマタイプに変更して使っていました

数年前にフロントPU のコイルが切れる(!)という事故があり
以来 1PU 仕様でした(セレクタースイッチの意味が無い…)


そこで思い切って Esquire 仕様に改造することにしました(^。^)


まずアッセンブリーの一新!
さすがに 25年経っているだけあって
(未試用期間があったこともあり)ガリノイズがあり

 1. セレクタースイッチ
 2. ボリューム&トーンポット
 3. アウトプットジャック

の 3ヶ所、計 4点を交換
コンデンサを増設しオリジナルの Esquire 配線への変更!
(けっこう良いモノ使いました)

IMG_1596
Esquire 配線図(クリックで拡大)

tele_assembly
改造前_Telecaster フロントPU無し(笑)
(クリックで拡大)

esq_assembly
改造後_Esquire ジャックプレートは LP タイプ
(クリックで拡大)


続いてピックガードを付けて完成

穴無加工の Telecaster 用パールホワイトに
ドリルでネジ穴加工と
ヤスリでのネックポケット部の微調整

esquire
  Before → After !!!(クリックで拡大)

ルックス的にはキリッと締まってイイ感じ


一般には使いにくいと言われている Esquire のアッセンブリ

 フロントポジション:Vol. ローパスフィルター
 センターポジション:Vol.  Tone
 リアポジション:Vol. のみ

基本的に自分は手元の Vol. Tone を細かく使うタイプなので
1PU で瞬時に音色が変えられる今回の改造は大正解でした!

Esquir_2
(クリックで拡大)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑